profile schedule bbs sound title
member photo column mail  

 

第十八回 〜Daisuke 僕の好きな音楽〜


よく、こんな音楽が好き、とかいうことってありますよね。
洋楽が好きとか、ハウス系が好きとか、ラップが好き、レゲエが好き、モーツアルトが好きなんてのも。人によっていろんなジャンルが好きってのがあると思います。


そういう視点では、よく変わってるねといわれる私。
まあどこまでいってもプレイヤー的視点で音楽を見てきたんだと思うけど、とにかく手当たりしだい、何でも聞いてみる。CDもうちにあるのは、管楽器が入っているのが多いけど、なんでもあります。
クラシック音楽も聴けば、ジャズ、ラテン、ロック、ファンク、ポップス、昭和歌謡なんてのもお気に入り。逆に苦手なのはテクノとか打ち込み系の音楽。DJイベントとかはまったく盛り上がれない人です。でも、好きな音楽のジャンルで全部聴くかっていわれればそうでもなくて、結構、嫌いな人もいます。
たとえば、極端ですがジャズの巨人、マイルスデイビス(TP)はいまだに何がかっこいいのかよくわからない。(すごい人だとは思いますけどね)


で、最近、自分の趣向で気がついたことがあります。
私の好きな音楽は、一言で言えば「大人げない音楽」ってことになるんだと。


こう、とっても洗練されててみんな余裕たっぷりで落ち着いて聞く音楽には、ほとんど興味がなくて、逆にいい年こいたおっさんが、ステージ上で暴れてたり、ソロで自分の限界の音を出そうとしてミストーンしてたり、MCでいかに客を乗せるかに命をかけてたり。
音楽としては洗練されてても、どっか人間性を感じさせるというか、聞いてる人に「すげえ」とか「おもしれ〜」とか思わず言わせてしまうようなバンドが好きなんですね。


マイルスデイビスの音楽ってすごく洗練されてて、「俺の音楽を聴け!」って感じがしませんか?お高く構えられているみたいで、ぜんぜん感情移入できない。つまんないと思います。(あくまで私の意見で、これを言い始めると信者的な人に何時間でも「すばらしさ」について説教されますが(T_T))


同じトランペットでもラテン系の人は、「高い音だせるぜ!」って子供みたいに競い合ってたり。思わず笑みがこぼれてしまいそうな気がします。「バカ」って言葉をほめ言葉にしたくなるんですよ。


どうせなら、ステージ上で汗をかいてほしいし、みんなで楽しみたいぞって気持ちが伝わってほしい。まじめで完璧な演奏ではなくて(それもできればサイコーだけど)、どこかひねくれてて「俺はこんな風にこの音楽を解釈したぜ!」みたいな挑戦者的な楽しさもほしい。
吹奏楽とか聞きにいっても、普通に音を作っているバンドより、「えげつないな〜(関西弁)」と思わず叫びたくなるバンドが好み。(コンクールだと銅賞だろうけどね)
あ、そういえば自分も高校のときアンサンブルコンテストでジャズをやって銀賞でした。客席の拍手は一番大きかったと友人に言ってもらったんだけどさ。「かっこわるい」ことを「かっこいい」という意味にして、やってしまうバンドが理想かな。


結局、自分自身がやりたい音楽ってのもどこまでも「大人気ない」音楽なんだよね。
ジャズでもロックでも。
「うりゃ!」とか「おりゃ!!」とか心で叫びながらトロンボーンを吹いています。


日本でそういうかっこいい大人気なさを感じるバンドといえば、
東京スカパラダイスオーケストラ(当然!)
椎名林檎
クレイジーケンバンド
憂歌団
米米クラブ
氣志團
PONTA BOX


なんてところかなあ。


自分が今後やるであろうバンドや音楽にも、やっぱりそういう「大人気ない」雰囲気は求めていくんだろうと思う。
もちろん音楽としてのクオリティは追求しつつ、でも完璧じゃない人間臭いかっこよさってのを。

 

 


そういえば、仙台で一番、大人気ないバンドってもしかしたら・・・・・・うち?(笑)